幻の深海魚を生きたまま捕獲

幻の深海魚と言われる「リュウグウノツカイ」が8日朝、新潟県佐渡沖の定置網に生きた状態でかかったそうだ。生きたまま捕獲されるのは非常に珍しいという。
「リュウグウノツカイ」は8日朝、佐渡の両津湾内で内海府漁協の定置網にかかっているのが見つかったそうだ。「幻の深海魚」と言われるリュウグウノツカイは、全身が銀色で鮮やかな紅色の背びれや腹びれがあり、押しつぶされたような平たい体形が特徴だが、詳しい生態はわかっていないという。今回水揚げされたのは体長3.3メートル、体の幅が最大26センチあったとのこと。
リュウグウノツカイは佐渡の海岸で海が荒れる時期に死骸が漂着することはあるが、生きたまま捕獲されたのは非常に珍しいという。内海府漁協の職員は「実際動いているところはなかなか見られないので、とても貴重な体験をさせていただきました」と話した。
このリュウグウノツカイは新潟市の水族館「マリンピア日本海」が引き取り詳しく調べることにしているという。深海から打ち上げられて生きたまま捕獲されたというのはすごいが、長く生きられるのだろうか…?